本文へスキップ

 

Nobuhiko Shima Official Site

ジャーナリスト嶌信彦の情報をお届けいたします

ジャーナリスト 嶌信彦に関する情報をお届いたします。

新着情報news

   
2018年04月20日【NEW】
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして中国化に染まるアジアを掲載しました
2018年04月16日【NEW】
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ショパンの名手で知られるピアニストの遠藤郁子様をお迎えした二夜目の音源が番組サイトに掲載されました。次回は、人気グルメ雑誌「dancyu」の編集長である植野広生様をお迎えする予定です。
2018年04月13日【NEW】
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして森友問題で内閣を倒せるのか ―真相解明と内閣支持率急落がカギ―を掲載しました
2018年04月09日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』ショパンの名手で知られるピアニストの遠藤郁子様をお迎えした音源が番組サイトに掲載されました。次回も引き続き遠藤様をゲストにお迎えする予定です。
2018年04月06日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして日銀の新陣営は自信ありや?を掲載しました
2018年04月02日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして流通を変えるネット通販を掲載しました
2018年04月02日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』2月にご逝去された俳人の金子兜太様を偲んだ追悼企画。2009年11月にインタビューした時の模様を再編集し放送した音源が番組サイトに掲載されました。次週はショパンの名手で知られるピアニストの遠藤郁子様をお迎えする予定です。
2018年03月30日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとしてまだまだ火種が多い森友問題―公文書改ざん、長官辞任、首相の進退にまで発展― を掲載しました
2018年03月27日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして1年で韓国元大統領が2人逮捕とは!を掲載しました
2018年03月26日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』将棋プログラム「ポナンザ」の開発者のHEROZ株式会社リードエンジニアの山本一成様をお迎えした二夜目音源が番組サイトに掲載されました。次週は2月にご逝去された俳人の金子兜太様を偲んだ追悼企画。2009年11月にインタビューした時の模様を再編集し放送する予定です。
2018年03月22日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして金子兜太さん逝く 人間くさく大らかな俳人を掲載しました
2018年03月19日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして国力落ちた日本、アジア特化目指せを掲載しました
2018年03月19日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』将棋プログラム「ポナンザ」の開発者のHEROZ株式会社リードエンジニアの山本一成様をお迎えした音源が番組サイトに掲載されました。次週も引き続き山本様をゲストにお迎えする予定です。
2018年03月16日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして産業競争力がついてきた中国 ―米国を激しく追い上げる中国―を掲載しました
2018年03月14日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして『虫の目、鳥の目、歴史の目 その2「国を滅ぼす吏道の衰退――終末期迎えてきた安倍政権――」』を掲載しました
2018年03月13日
3月24日(土)に開催の日本ウズベキスタン協会主催「嶌信彦の出前講座」のテーマが決定しました 
2018年03月13日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして『虫の目、鳥の目、歴史の目 その1「南北、米朝対話は本当に動き出すか ――カヤの外に置かれる日本――」』を掲載しました
2018年03月12日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』俳人の夏井いつき様をお迎えした二夜目の音源が番組サイトに掲載されました次週は将棋プログラム「ポナンザ」の開発者のHEROZ株式会社リードエンジニアの山本一成様をお迎えする予定です。
2018年03月09日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして「―集団指導体制から習近平氏一強へ?―」を掲載しました
2018年03月07日
コラム「時代を読む」に新たなコラムとして「AIは新産業革命をおこせるか」を掲載しました
2018年03月05日
1日発売の三田評論3月号(慶應義塾発行)の「社中交歓」に寄稿しました
2018年03月05日
昨日放送されたTBSラジオ『嶌信彦 人生百景「志の人たち」』俳人の夏井いつき様をお迎えした音源が番組サイトに掲載されました次週も引き続き夏井様をお迎えいたします。
  
〜近著のご紹介〜  2015年9月30日に角川書店様よりノンフィクションを発売
日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

【著】嶌 信彦(角川書店)
大戦後、満州からシベリア抑留として中央アジアのウズベキスタン・タシケント(当時はソ連領)に派遣された450人余の日本人捕虜が現地のウズベク人と共に旧ソ連の4大オペラハウスの一つとなるビザンチン様式のオペラハウス「ナボイ劇場」を完成させ、帰国するまでの秘話を描いたノンフィクションです。 1966年4月の大地震でタシケント市が全壊した時、ナボイ劇場だけは凛として悠然と建ち続け大地震でもビクともしなかったことから、いまなお、ウズベキスタンの誇りとなり、親日の象徴としても良く知られています。
3月29日に2016年2月1日の大増刷に続き、3刷が決定しました。

※本書は一部の書店に今なお置いてくださっておりますが、多くの書店には在庫がない可能性もございます。通販で現段階で確実に入手できるのがジュンク堂様等のHontoAmazon角川様の直販サイト(それぞれ送料は無料)には在庫がございますので、そちらをご利用ください。


書籍情報book

2015年9月30日発売
ノンフィクション
2016年2月1日大増刷に続き
3月29日3刷が決定!

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた

(角川書店)
【著】嶌 信彦
この偉業に読売新聞、産経新聞、共同通信など各紙誌で感嘆の嵐!「日本人として恥ずべき仕事はしない

 日本兵捕虜はシルクロードにオペラハウスを建てた特設サイト

日本人の覚悟

日本人の覚悟―成熟経済を超える

(実業之日本社)
【著】嶌 信彦




首脳外交

首脳外交−先進国サミットの裏面史

(文春新書)
【著】嶌 信彦
  

   
ニュースキャスターたちの24時間

ニュースキャスターたちの24時間

(講談社)
【著】嶌 信彦



         

 日本ウズベキスタン協会

 嶌信彦メールマガジン「時代を読む」

 嶌信彦メールマガジン「虫の目、鳥の目、歴史の目」

 嶌信彦Facebook